2005年2月、淡路瓦協同組合と共に、ジャパンブランドとして瓦の庭をラスベガスでデビューさせました。淡路の大地が生んだ淡路瓦は約400年の歴史をもち、瓦作りの技と日本人独特の美意識が暮らしの中で瓦を継承し、固有のランドスケープを創り上げてきました。瓦は通気性が良く、断熱・調湿性もある環境循環型の素材で形が多様、美しいテクスチュアで、グレーというコーディネイトし易いカラーをもち21世紀型ガーデニングマテリアルとして期待できます。

 自然との共生が生んだ日本の伝統文化は今、世界の注目を浴びています。しかし、必ずしもそれらの物が生活の中で継承されているかといえば疑問です。
 
今、瓦に必要なことは、もっと多くの人にそのすばらしさを体感していただくことでしょう。いろんな角度から見て、触れて、暮らしの中で新しい利用方法をあみだし、瓦のすばらしさを再認識できた時、本当の意味での伝統工芸・文化の継承が行われます。
 瓦を身近に感じられる瓦のガーデニングマテリアルとしてのユニークなアイディアと瓦の素材美を活かしたモダン和風の瓦の庭の提案をご紹介します。

HOME>瓦が庭にやってきた
TOP